トヨタ

HARRIER(ハリアー)の見積もりして来ました!人気のSUVの価格はいくら?

HARRIER(ハリアー)見積もりしてきました!やっぱいインテリアはハリアーがいいですね。

RAV4、エクストレイルと見て来ましたがハリアーもモデル後期ということもありグレードも装備も充実していて、どれを選べばいいのか迷いますね。

【決定】新型RAV4ガソリン車それともハイブリット車どっちが買いなのか?最もおすすめグレードはこんにちは。車詳しくない車ブロガーです。今日も素人目線で車の記事を書いていきたいと思います。 新型RAV4とっても良い車なのですが...
日産X-TRAIL(エクストレイル)人気のHYBRIDを見積りしてみましたRAV4に試乗をして我が家では真剣に車購入モードに突入したので、トヨタの新型RAV4以外に人気のあるSUVに絞って検討をすることに。 ...

今回、私は「ハリアー PROGRESS」を見積もりして購入の検討をしたいと思います。

ハリアーのグレードは?

見積もりしたのはハリアーガソリン車のグレードPROGRESSでしたが、ハリアーはガソリン車の他にターボ車とハイブリッド車が選択できます。

グレードはそれぞれ3種類

ガソリン車
ガソリン ターボ車
ハイブリッド車
PROGRESS
PREMIUM
ELEGANCE

PREMIUM以上のグレードには「Metal and Leather Package」という本革シート、センターコンソールの特別デザイン、快適温熱シート&シートベンチレーション、運転席・助手席のパワーシートなど特別な装備パッケージが選択可能。

インテリア重視なら間違いなくハリアー、これ以上を求めるとLEXUSか欧州車を視野に入れて検討ですね。欧州車になると1,000万円を超えてくる車もあるのでさすがに予算オーバーですが…www

私と家族を含めて今は車に居住性を求めていないので、私のように車をツールとして使う方にはハリアーも少し高いと感じるかもしれません。

特別仕様車PREMIUM“Style NOIR”を7月2日に発表

私が見積もりをしたのが、6月だったのですが7月2日にPREMIUMグレードをベースとした特別仕様車PREMIUM“Style NOIR”が発表されました。

前回の特別仕様車はPROGRESSグレードをベースにシックな青基調の特別仕様車PROGRESS“Style BLUEISH”だったので、今回の特別仕様は黒基調でハリアーに最も会うスタイルになっていると思います。

ハリアー PROGRESS ガソリン車(FF)の見積もり価格は

今回見積もりをしたグレードは、ハリアー PROGRESS ガソリン車(FF)新車価格は3,780,000円になります。

塗装色はホワイトパールクリスタルシャイン<070>はメーカーオプション(32,400円)ですが、個人的にハリアーには黒系が似合うと思います。

ハリアーの黒はブラック<202>なので、オプションではないのため追加料金なしで選択できますがキズには少し気を使う色ですね。

ハリアー PROGRESSにはT-Connect SDナビゲーションシステムが標準装備なのでETCなどのオプションを選択して、車両本体価格3,780,000円にオプション184,032円で430万円程度になりました。

ハリアーにしては、結構価格を抑えたほうになりますね。やっぱり我が家の車の使い方ではハリアーほどの高級感は求めていないため、個人に割高感を感じてしまします。

ハリアー PROGRESS ガソリン車(FF)の見積もり詳細

ハリアー PROGRESS ガソリン車(FF) 3,780,000円

ディーラーオプション

フロアマット(ロイヤルタイプ)
29,160円
ラゲージソフトトレイ 12,960円
サイドバイザー(ワイドタイプ) 26,352円
ETC 23,760円
グラスシーラントタイプT2 91,800円

※ディーラー工賃込みの値段になるので、カタログの販売価格と異なる場合があります。

ハリアー PROGRESSには標準装備が充実しているため、オプションを追加すると言ってもあまりないのですが、ムーンルーフ(108,000円)のオプションをつけるかどうかですね。

実際にムーンルーフを開閉させてみましたが、後席まで明るくなりハリアーの高級感にもマッチしていたのでオススメのオプションだと思います。

ハリアー PROGRESS ガソリン車(FF)の購入予算は

モデル後期ということもあり、プラットホームは1世代前、フルモデルチェンジがあるとの噂もあるため迷う時期だと思います。

値引きに関しては、結構頑張れるディーラーさんもあるようなのでオプションを精査した上で、380万円以内に収まれば買いでしょうか。

高級感のあるSUV車を求めるなら、レクサスRX、ハリアーあたりが購入対象になりますが、我が家の車の使い方など含めて、そこまでの高級感を求めていないため、今回ハリアーとレクサスRXは購入対象から外しました。

もちろん、ハリアーは車としてはすごくいいと思いますし、これだけ売れていて評価も高い車はなかなかないと思います。

ただ、今回は我が家が求める車の価値観に合わなかっただけなので、次にSUVを購入検討する際には、絶対候補に入れる車の1つです。

画像出典:https://toyota.jp